舞妓花魁着物レンタル夢工房

  • ご予約・お問い合わせ
  • 予約フォーム
  • English

京都で憧れの舞妓さん体験を

京都で旅行に訪れた際には、舞妓さん体験をしてみたいと考える人も多いでしょう。
舞妓は、日本を代表する京都の伝統文化の1つとなっており、15歳から20歳くらいまでの芸妓を目指している見習いの女性のこと指します。
舞妓や芸妓の世界では厳しいしきたりなどが多くあり、簡単になれるわけではありません。
また、実際の舞妓さんに会えるお茶屋さんは、一見さんお断りということで知られており、敷居が高く憧れている人も多いのではないでしょうか。
京都では、気軽に舞妓さん体験をすることができ、プロのヘアメイクでスタジオ撮影や京都散策を楽しむことができます。
舞妓さんに関する歴史などを知り、京都旅行の思い出にもなる舞妓さん体験をしてみてはいかがでしょうか。

舞妓さんは京都の魅力の1つです。舞妓さんを体験してみたいという人も多いのではないでしょうか。舞妓さんのメイクや着物を着たまま屋外を散策すれば、舞妓さんの気分を楽しめるでしょう。

京都といえば、舞妓さんのイメージがあるでしょう。舞妓さんの歴史を守り続けるために、舞妓さんの世界では非常に厳しい独特のしきたりや伝統があります。舞妓さん体験で楽しんでみましょう。

卒業旅行で京都を訪れた記念に舞妓体験をする人も多いでしょう。体験や写真撮影のためにお店を選ぶ際には、値段の安さだけではなく含まれる内容も確認しましょう。散策できるプランもあります。

真っ白な肌に鮮やかな赤い紅をさし、独特な京言葉を話す舞妓さんの美しい佇まいには目を奪われてしまう人も多いでしょう。舞妓メイクは流行に左右されず、およそ300年以上続いてきました。

舞妓さんの髪型にはいくつか種類があります。京都で舞妓さんの体験をする人は、かつらを被ってヘアメイクをするため、毛色などに左右されずに、舞妓さんのような髪型になれます。

舞妓体験は、様々な着物が用意されており、その中から好きな着物を選ぶことができます。普段、服を選ぶ際には顔色などを意識して選びますが、舞妓体験では顔色を気にする必要はありません。

舞妓と芸妓には様々な違いがあります。また、芸妓は京都以外の地域にもいますが、舞妓がいるのは京都だけです。芸妓という言葉は京都独特の表現の仕方で、他の地域では芸者と呼ばれています。

京都には、舞妓や芸妓がお客様に芸を見せ、歓談を行うお茶屋が集結している花街があります。京都の花街は主に祇園甲部、祇園東、先斗町、上七軒、宮川町があり、五花街と呼ばれています。