舞妓花魁着物レンタル夢工房

  • ご予約・お問い合わせ
  • 予約フォーム
  • English

【京都で舞妓体験】舞妓さんの歴史を探ってみよう

舞妓さんといえば京都

京都といえば、舞妓さんがいるというイメージが強いのではないでしょうか。
舞妓さんの写真や、ドラマや映画で見たことがあっても、実際に舞妓さんを見たという人は少ないはずです。
昼間に京都で舞妓さんを見かけたときは、本物の舞妓さんではなく、観光客が舞妓さん体験をしている場合がほとんどでしょう。
舞妓さんの歴史は、約300年前から始まります。
当時、水茶屋で働いていた茶汲女や茶点女が始まりだと言われており、神社やお寺にお参りしに来た人にお茶を振る舞う程度でした。
しかし、次第にお茶からお酒に変わり、茶汲女や茶点女が歌を聞かせて、舞を見せるようになったのです。
そして、現代にまで歴史が続いている舞妓さんや芸妓さんが誕生しました。

舞妓さんの歴史を守り続けるために

舞妓さんの歴史を守り続けるために、舞妓さんの世界では非常に厳しい独特のしきたりや伝統があります。
まず、舞妓さんになる前に仕込みという段階を踏み、15歳から置屋で先輩と共同生活をして、舞や行儀作法、着物の着付けを修行しなければなりません。
修行を積んだあとに舞妓さんとデビューすることができますが、約5年間は芸妓になるための修練期間となり、舞や三味線、お囃子、お座敷での接待の仕方を先輩の芸妓さんから学んでいきます。
舞妓さんとして修行期間が終わると、舞妓時代に着ていた華やかな衣装から大人の芸妓衣装に変える儀式を行って芸妓になることができるのです。
歌や舞、三味線などの芸はもちろん、お客様での接し方や話題の豊富さ、女性の魅力も磨き続けていかなくてはなりません。
現在でも京都の祇園を中心に、舞妓さんがいる花街があり、歴史を守り続けるために厳しいしきたりの下で活躍しています。
舞妓さんは簡単になれるわけではありませんが、舞妓さん体験で楽しむことはできます。
舞妓さん独特のお化粧や、鮮やかな着物を着て京都の町を散策してみてはいかがでしょうか。
舞妓さんの気分を味わうことができるでしょう。
散策だけでなく、写真撮影をして思い出に残してみるのもおすすめです。
なかなか舞妓さん体験ができるわけではないため、記念になります。

コラム一覧