舞妓花魁着物レンタル夢工房

  • ご予約・お問い合わせ
  • 予約フォーム
  • English

【京都で舞妓体験】京都の花街とは

京都の五花街について

京都には花街があります。
花街とは、舞妓や芸妓がお客様に芸を見せ、歓談を行うお茶屋が集結している街のことです。
京都観光の際に、花街に行ってみたいという人もいるのではないでしょうか。
京都の花街は主に、祇園甲部、祇園東、先斗町、上七軒、宮川町の五つです。
この五つの花街を称して五花街と呼ばれています。
五花街に行くと、舞妓さんに会うことができるかもしれません。
また、京都観光の際に舞妓体験をする際には、五花街に訪れてみることをおすすめします。
五花街の中でも、京都最大の花街と言われているのは祇園甲部です。
江戸時代初期に祇園さんという水茶屋を営業したのが花街の始まりで、現在でも八坂神社や門前町として栄えています。
祇園甲部でも、メインストリートである花見小路が有名です。
多くの観光客で賑わっています。
京都観光で一度は訪れたい花街です。

京都の花街を楽しもう

祇園東は、江戸期の八坂神社や清水寺の参拝客を相手にした茶屋と、そこで働く「茶点て女」が起源だと言われています。
祇園甲部はとても有名ですが、祇園東も多くの観光客に愛されている花街です。
先斗町は鴨川と木屋町の間にある細い道で、高瀬舟の船頭や旅客目当てにした旅籠屋が茶立ての女子を置いたのが起源とされています。
他の花街とは異なり、料亭やレストラン、居酒屋、寿司屋など、様々な飲食店とお茶屋が混在しているため、京料理を楽しんだあとにお座敷遊びをする人が多いです。
上七軒は歴史が長い花街で、室町時代から歴史が始まります。
北野天満宮の造営に使用した木の残りで、7軒の水茶屋をつくり、豊臣秀吉が茶屋株を許可したのがお茶屋の起源です。
現在の上七軒はお茶屋の数が減りましたが、今でも伝統は受け継がれています。
祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町など京都の中心街からは離れた場所にありますが、歴史が深く、舞妓さんが使う京ことばも上七軒が一番よく話されるそうです。
宮川町は、鴨川の東側、四条通の南側から五条まで続く花街で、花街の中で最も街並みが美しいと言われています。
また、舞妓の数も多く、宴会帰りの舞妓さんを目にすることも多いでしょう。

コラム一覧